EVENT

2018.12.04
イベント終了
6LABO vol.39 「栗原の稲藁でつくる、福を迎えるしめ飾り」

2018/12/4(火)

13:30-16:00

@THE6ワークラウンジ

講師:大場寿樹(一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク事務局長)

 

 

 

仙台春日町で行うプロジェクト6LABO。

コワーキングスペース・シェアオフィスなどを兼ねたシェア型複合施設「 THE6」を舞台に、

WORK・CREATIVE・SOCIALなど様々なテーマイベントを行っています。

 

来たる新年に備えて、しめ飾りをつくるワークショップを開催します。

新しい福を迎えるために、丁寧にお正月の準備をしてみませんか。

 

使用する稲の藁は、しめ縄用の「しめ縄田んぼ」で育て、青いうちに刈り取ったものです。

 

藁は、農家の暮らしの循環から生まれる万能な道具で、

綯って荒縄としてモノを括るのはもちろん、

稲刈りや畑の野菜の収穫、干し柿や干大根、

納豆などの保存食、土壁の材料など、

数え上げれば、キリがないほど多様な用途で活用されてきました。

 

多様な利用法の中でも代表的なのが「しめ縄」や「しめ飾り」です。

邪気の及ばない清浄な空間として年神様を家に迎える拠り所となります。

 

それぞれの思いを形に込めて、手づくりを楽しみましょう。

 


講師プロフィール

大場寿樹(おおば・ひさき)

宮城県栗原市出身・在住。1994年に築館町役場(現・栗原市役所)に入庁。観光・広報等の業務に従事。2013年3月に退庁し4月からくりはらツーリズムネットワーク事務局に勤務。2004年4月から現職。年間150回以上の観光・ツーリズム事業の企画・運営とPR・デザインを担当。地震もしめ縄や釜台などの藁文化、マガン観光などの体験プログラムを実践している。

【受賞歴】
○2015年度グッドデザイン賞「体験プログラム」(公益財団法人日本デザイン振興会)
○2016年度グッドデザイン賞「地元食の本」(公益財団法人日本デザイン振興会)

 

 

 

開催日時

13:30-16:00

開催場所

@THE6 3F ワークラウンジ

参加費

2,000円

定員

10名(要事前予約)

応募方法

○当サイトコンタクトフォームよりお申込み
必要事項を入力の上、本文に「6LABO vol.39」と参加人数をご明記ください。

○メールでのお申込みの場合
THE6のメールアドレス(contact@the6.jp)へタイトル「6LABO vol.39」・お名前・メールアドレス・参加人数をご記入ください。

○電話でのお申し込みの場合
THE6運営時間(平日9:00-18:00)内に直接お電話ください。

その他

○動きやすく汚れてもいい服装でお越しください。

EVENT STATUS

募集中
募集終了
イベント終了
イベントレポート

NEW EVENT